人間関係を悪化させうる不眠症

大きな声を出してどもりをなくす

大きな声を出してどもりをなくす

 私は、声があまり大きくありませんでした。子どものころからそういうところがあり、国語で音読をさせられたときも先生から「声が小さい」「聞こえない」と叱られたことが多々ありました。
ココで一気にどもり 原因への不安が解消できます。

 

 その先生は私にもっと大きな声を出してもらうために叱ったのだということは頭で十分理解していたのですが、それでも心に「私が話すと叱られる」というイメージがついてしまい、ますます大きな声で話すことができなくなってしまいました。

 

 それを繰り返している内に、いつの間にかどもりが出てしまうようになりました。私が話しているときに「聞こえない」と誰かから言われてしまうのを、恐れるようになったからです。学生時代は、ずっとそんな感じで過ごしました。

 

 ただ、それではいけないと思い立ち、社会人になったのをきっかけにしてもっと大きな声で話すようになりました。すると、次第にどもりはなくなっていき、今では普通に話せています。ですので、どもりをなくすためには、まず大きな声を出すことが大切だと私は思っています。
悩む前にどもり 原因←このサイトを覗いてみませんか?

 


ホーム RSS購読 サイトマップ